高脂血症にお勧めのサプリメント

高脂血症にお勧めのサプリメントには、どんな成分があるのか?が書かれたページです。

 

高脂血症を改めたかったら、栄養バランスが取れている食事をし、コレステロールの値を正しい値に戻すことが大事です。

 

しかし、この現代に生きる私たちに栄養バランスが取れた食事をきちんと摂ることはなかなか難しいかもしれません。

 

そういった時は、栄養で足りない部分を補うためにもサプリメントを利用するのも良いでしょう。

 

高脂血症、血液サラサラ成分は、DHA・EPA・ビタミン類にあり

血液がサラサラになる成分としてお勧めなのが、DHA・EPAの含まれたサプリです。DHA・EPAは、青魚などに多く含まれる成分で、血流をよくする成分が多く含まれています。

魚をよく食べる人は不要ですが(高脂血症にはならない可能性が高い)、あまり魚を食べない人にはぜひおすすめです。

 

 

また、ビタミン類も体には必要不可欠な栄養素で、日常的にしっかりと摂ることが大事です。
特にビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンは、高脂血症を防ぐことや改善にとても効果的です。
βカロテンが足りなくなるとコレステロールが蓄積しやすくなるので、意識して摂るようにしてください。

 

ビタミンCは抗酸化作用やコレステロールを減らす作用があります。
しかし体に溜めておくことが出来ないので、定期的に摂ることが重要です。

 

ビタミンEはアンチエイジングに効果があるほど抗酸化作用が京職で、悪玉コレステロールの酸化までもを防止してくれます。
他にも、ビタミンCやβカロテンの酸化も防止してくれるため、同時摂取するとより効果的です。
ビタミンB群は脂質や糖質の代謝を促す働きがあり、コレステロールを減少させるのに効果的です。

 

しかしビタミンC同様、体に溜めておくことが出来ないので、こちらも定期的に摂る必要があります。

 

 

管理人のおすすめはやはり健康サプリとしては効果の高いDHAサプリ。

 

 

▼高脂血症におすすめのサプリ▼

 

 

 

老廃物を排出させる食物繊維

日本人の食事には食物繊維が足りていないとされており、意識して摂ることが重要な栄養素でもあります。
溜まってしまったコレステロールの元になる老廃物を排出する働きがあり、また腸の中で胆汁酸を吸収してくれるのでコレステロールを減らすことが可能です。

 

腸の中に胆汁酸が足りなくなると肝臓がコレステロールを使ってくれるため、コレステロール減少に繋がるのです。

 


高脂血症の原因

高脂血症になってしまうコレステロールや中性脂肪は、どうして増加するのでしょう。
色々な要因がありますが、一般的な要因をお教えします。

 

肥満を要因とするもの

コレステロールや中性脂肪を増加させるもので一般的なのが、肥満です。
動物性脂肪を筆頭に脂質が豊富な食事ばかりをしていては、体内に脂肪がどんどん蓄積されていきます。
肥満の方の特徴に、運動不足という点があります。

 

ですから、中性脂肪を燃やすことも出来ないまま、悪玉コレステロールが増えていってしまうのです。
こうなっては負のループなので、脂質が豊富な食事をなるべく避け、食物繊維をたくさん摂ったり、ビタミン類を積極的に摂るなどの食生活をすることが大事です。
糖質をたくさん摂っている方も、体の中でエネルギーとして燃えない分は脂質に変わってしまいます。

 

甘いものばかりでなく、炭水化物が好物という人も気をつけなければなりません。
中でもご飯や麺類、パン類などの炭水化物や甘いものが好物の人は、糖尿病のリスクが高いです。

 

糖尿病と高脂血症を一緒に発症してしまうと、動脈硬化の危険性がアップしてしまうので、注意が必要です。

 

タバコを要因とするもの

タバコを吸うことによって太らないという事情で喫煙をしている女性も少なくはありません。
ですが、本当はタバコは血液の中に悪玉コレステロールを増やして善玉コレステロールを減らしてしまう作用を持っているのです。

 

そして、中性脂肪が含まれていると言う報告もあり、体重を減らしにくいと言っても見た目では分からない形で脂質が体の中に溜まっていってしまいます。

 

他にも、脂質代謝のために要る酵素が、ニコチンによって分泌されにくくなってしまいます。
タバコを吸うと食欲減退が出来ると言う話もありますが、食べないのに脂肪が溜まっていくのは何か違いますよね。

 

高脂血症を防ぐためにも、禁煙するのが良いと思いませんか?

 

 

▼高脂血症におすすめのサプリ▼